We Japanese Language School in Shibuya Tokyo Japanese Language School

close

close

Welife Magazine

Our mission is to provide useful and interesting information about Japanese news, customs and culture and more.

welifemagazine

March 2017

pho_wm2017_03
Student of English Language School Ms.Miki Sasahara
笹原美紀さん

言語は、世界の扉をあけるカギであり、自由を得る暗号である。
〜Language is the key to unlocking the world, a passcode to freedom.〜

今月のWeFaceは、英会話スクール 生徒の、笹原美紀さんです。海外のニュースを翻訳のフィルター無しで、原文で深いところまで読みたい!と「情報リテラシー」を高めるためにWeでの英語学習を始められました。

日本語で書かれた国内の記事だけの世界から抜け出し「自由」になれる__

そんな笹原さんから英語を学ぶ上での新しいperspectives(切り口)が得られるかと思います。是非、お楽しみ下さい☆

Interview インタビュー

  • Q. First of all, may I ask what your purpose of studying English is?

    A. My purpose is to develop information literacy skills. There is only so much information you can get from simply reading articles presented in the Japanese media. If you closely examine news articles published by foreign media in their own language on international issues or even Japanese domestic issues, you will realize that many of them contain facts unreported in Japan and perspectives differing from those presented in the Japanese media. And from this, I started thinking about how I want to read foreign news articles in the original, and deeply comprehend information presented without having to go through the so-called "translation lter." Of course, like in Japan, media organizations abroad have a way of pandering to corporations and sponsors. Nonetheless, reading foreign articles allows you to obtain more information comprehensively than simply reading domestic articles written in Japanese, evoking that sense of freedom in you through broadening your perspective a nd selection.

  • Q. 英語学習の目的は何ですか?

    A. 「情報リテラシー」を高めるためです。日本のメディアの記事だけで情報を得ようとすると、どうしても得られる情報に制限があります。海外発信の現地語で書かれた記事は、海外のニュースはもちろん日本国内のニュースでも、日本では伝えられていない事実や、違う視点で書かれているものが多くあります。それで、海外のニュースを翻訳のフィルター無しで、原文で深いところまで読みたいと思うようになりました。もちろん、日本だけでなく海外のメディアでも企業やスポンサーとの癒着の問題が指摘されますが、それでも国内の日本語で書かれた記事だけよりも、より多角的に情報を得ることができます。視野と選択とが広がることにより「自由」になれると感じています。

  • Q. So, if your purpose is to "free" yourself from the world dened by limitations, what kind of classes are you taking at "We" to achieve this?

    A. I am currently taking private lessons using a textbook called "Speak Out." This textbook allows you to assert ideas and have discussions using articles on various fascinating topics selected from The Economist. I not only get to learn new vocabulary and expressions, but also get to hear about instructors' experiences and stories of what is happening in their respective countries in relation to issues introduced in these articles. I get exposed to vocabulary and expressions they use and information and perspectives they present, and I nd all that to be quite useful. It's great that I get to express myself and communicate with people around the world using English without always having to travel abroad. And I hope young people in Japan realize that being truly free means formulating opinions and having a voice t hrough taking interest in social issues.

  • Q. なるほど、制限された世界から「自由」になれるということですね。その目的のためにどんなクラスを取っていらっしゃいますか?

    A. Weの“Speak Out”というテキストを使い、プライベートレッスンを受講しています。このテキストは経済誌“The Economist”を元に選ばれた様々な興味深い題材について、自分の意見をディスカッション形式で表現できるように作られています。レッスンではテキストの語彙や表現だけでなく、講師から直接トピックに関連した経験談や出身国の事情も聞くことができます。講師との対話から出てきた新しい語彙、表現、情報、そして考え方も得られ、とても役に立っています。必ずしも外国に行かなくても、英語が理解できれば世界に自分を発信することもできる。特に日本の若い人には社会情勢に関心を持ち、自分の意見を持つことで自由になれるのだと知って欲しいです。

  • Q. I've also heard that you are studying one more language other than English.

    A. Yes, I'm also studying Brazilian Portuguese in line with my interest in Brazil. It all started with my taking interest in Brazilian music, and from then on, I've visited the country 14 times. I hear about how there are many second- and third-generation Japanese Brazilians currently living in Japan who can't use Japanese well and have barricaded themselves within the framework of the Brazilian community. I also hear that it's not uncommon for them to be subjected to unfair treatment. And I hope to provide support in the future by teaching them Japanese and about the lifestyle of Japan. Just as how I'm trying to evoke a sense of freedom in me by becoming procient in English, it would be great if they can enjoy more choices and become more positive about their life in Japan by becoming procient in Japanese.

  • Q. 英語以外にも勉強していらっしゃる言語があると伺いました。

    A. はい、ブラジルが好きなのでブラジルポルトガル語を勉強しています。ブラジル音楽が好きになったことがきっかけで、今までで計14回ブラジルに行っています。現在、日系4世、5世という若い世代が日本で生活していますが、日本語があまり話せないためにブラジル人コミュニティーの外へ出ず、社会との壁を作ってしまうことが多いと聞きます。また、不当な扱いを受けることも少なくないようです。私は将来的には、日本語そして日本の生活様式などを伝えることで応援したいと思っています。私が日本語プラス英語でより自由になろうとしているように、彼らにもブラジルポルトガル語に日本語をプラスすることで、よりよい生活への選択肢を増やし、前向きに生きていって欲しいと思っています。

  • Q. That all sounds wonderful. And, speaking of which, you are also currently taking a Japanese language teacher training course here at We. Are you nding that to be useful?

    A. I do, in that it allows me to realize that there are various ways to teach and work in this eld, and I have also found out that those who want to teach Japanese need to go through a 420-hour Japanese language teacher training course.

  • Q. すばらしいですね。笹原さんは今開講中のWe日本語講師養成講座に通っていただいていますね。講座はどのように役立ちそうですか?

    A. 日本語を教えるためには、必ずしも420時間の養成講座を受講しなければならないわけではないのだということ、教え方や働き方が色々あるのだということがわかり、勉強になっています。

Interview Wrap Up
インタビュー後記

My purpose is to develop information literacy skills. There is only so much information you can get from simply reading articles presented in the Japanese media. If you closely examine news articles published by foreign media in their own language on international issues or even Japanese domestic issues, you will realize that many of them contain facts unreported in Japan and perspectives differing from those presented in the Japanese media. And from this, I started thinking about how I want to read foreign news articles in the original, and deeply comprehend information presented without having to go through the so-called "translation lter." Of course, like in Japan, media organizations abroad have a way of pandering to corporations and sponsors. Nonetheless, reading foreign articles allows you to obtain more information comprehensively than simply reading domestic articles written in Japanese, evoking that sense of freedom in you through broadening your perspective a nd selection.

インタビューを終えた後、『情報リテラシー/information literacy』という言葉についてあらためて調べてみました。それは、情報を主体的に収集、選択し、それらを自分の生き方に活用すること_そして自分なりに消化した情報を編集し発信する能力ということ。端的に言えば「情報を使いこなす力」ということですね。私たちは、良くも悪くも「制限」された情報の中で生きています。ある意味、私たちはその「制限」により守られているとも言えます。
でも、そこで安住していれば、私たちは小さな鳥かごの中だけで生きて行くことになるかも知れません。自分たちの更なる幸福のために「自由」に羽ばたくためにも、笹原さんのように『情報リテラシー』を高め、自らの選択で生きる、つまり、Be selectiveに生きることにチャレンジすべきだとあらためて思いました。「自由」は、Weの幸福の定義であり企業理念の一つです。今回のインタビューで学んだことを、WeのVisionである“ランゲージ フリーダム社会の実現”にもつなげて参りたいとあらためて思った次第です。笹原さん、ありがとうございました!

Counselling and Free Trial Lesson
Inquery Form
  • We News
  • We News
  • We Blog
  • Welife Magazine
  • Fee Structure
  • for Company
  • Special Course Early Morning Japanese
  • 英会話スクール
  • Career
  • Official Twitter
  • Official facebook
  • Instagram